シンガポール銀行口座郵送で開設お申込み

* は必須入力項目です。

お名前(姓)   *
お名前(名)   *
メールアドレス   *
ご連絡事項・お問合せ内容
シンガポール現地へ飛ばずに郵送手続きだけで
スタンダードチャータード銀行(Standard Chartered Bank:SCB)
シンガポール支店
で口座開設ができます。
*銀行側は、日本のアッパー層以上向けに、このサービスを提供したいと考えています。

★口座開設手続き流れ(簡易版)★:
1)
・パスポートコピー
・英文住所証明書コピー(3か月以内発行されたもの)
・個人番号(マイナンバー)
をご提出ください。
銀行への申し込み用紙を作成いたします。

2)
サポート費用をお支払いください。(送金先は、香港の銀行口座です。)

3)
・パスポートコピー
・英文住所証明書
を各地の公証役場で認証手続きを行って頂き(手数料各自負担)、
記入・署名済みの銀行申込み用紙原本セットと共に、
EMS等で銀行へご郵送ください。(手数料各自負担)

4)
銀行担当者により、書類審査、電話での本人確認手続きがあります。
(英語不要、銀行側日本語対応OK)

5)
口座番号及びATMカードなど発行、口座開設手続きが完了となります。

★口座開設成功まで手続きサポート費用合計★
1万USD(日本円約110万円)

★申請条件★
口座開設後の一年間に
35万シンガポールドル(約2,800万円)預金できる方。

★備考★
・現地銀行窓口での口座開設も可。(サポート費用は同額)
・個人番号=マイナンバー、日本非居住者の場合は、滞在先の納税者番号等
・サポート費用の送金先は、香港の銀行口座です。
・口座開設後、クレジットカードの申請も可能(サポート代別途)
・英文住所証明書は、銀行残高証明書、国際運転免許証などです。
・英文住所証明書の参考ページ
 http://pc.netgakushu.com/post-407-407.html
・各文書の公証手数料は、各自負担で、サポート費用に含まれません。
・公証役場の参考ページ
 http://www.k-kosho.jp/index01d.html
・EMS(国際スピード郵便)の手数料は、各自負担で、サポート費用に含まれません。
・EMS(国際スピード郵便)の参考ページ
 https://www.post.japanpost.jp/int/ems/
 東京からシンガポールまで書類を送付で、1,400円
・お申込み時の個人情報は、口座開設サポート会社に共有いたします。
・銀行側から口座開設を断られた場合は、サポート費用は全額返金となります。
・書類不備等、お客様都合での口座開設中止の場合、サポート費用は70%返金となります。

★受付完了後の流れ★
info@5oku.comから、(受付完了)シンガポール銀行口座開設サポートのメールをご送付
詳しい口座開設の手順とお申込みに際して、ご記入頂く書類等をご案内いたします。