「腸占い」
≪腸が喜ぶ5つ≫の活動から⇒腸占いが生まれました。
あなたの腸占いの結果は後日、返送致します。 1週間ほどお待ちください。 下記項目にお答えください。  
では《腸占い》スタートです!
あてはまる項目へチェックをつけてください。

腸占い

1.排便頻度は?

不定期に何日かに一度
毎日出る

2.便の内容は?

その都度形や硬さが異なる
スルーと気持ちよく

3.食欲は?

小食である、あるいは食に興味がない
よく食べる方

4.貴方の身体は?

どちらかといえば柔らかい方
どちらかといえば硬い方

5.行動は?

どちらかと言えば行動的な方
どちらかと言えばあまり動かない方

6.感情や表情は?

どちらかといえば感情は押さえ気味で表情にも出さない方
どちらかといえば感情をよく出し、笑うことも多い方

7.趣味、楽しみ事は?

まずやらねばと思う事を優先させ趣味や遊びは後回しにする方
趣味、遊びは優先してやる方

お名前(ニックネームOK)

メールアドレス

性別

女性
男性

年代

お住いの都道府県(任意)

ご質問やご相談がございましたらこちらにご記入ください。(任意)

あなたの腸占いの結果は後日、アンケートをお寄せいただいたメールアドレスに返送致しますので1週間ほどお待ちください。

それでは数日後、占いを返送します。 この占いは自分で自分の腸の健康度合が占えます。
腸内には1000種、100兆個の腸内細菌が棲み、共生しています。
良い腸内細菌(善玉菌)は健康、幸せを呼び 悪い腸内細菌(悪玉菌)は不健康、不幸せを呼びます。

私たちの健康になぜ細菌バランスの良い腸が最も大事なのか?

近年、私達の行動や思考に関する指令系統として 腸がテレビ局(発信機)の役割をしていて、脳がTV受信の 役割を担い、そして脳から体の各部位へ神経を通じ指令されていることが 徐々に解明されてきています。
腸が基本的な司令塔なら、第一の脳こそ腸となります。

その体験から体が喜ぶ=『アイウエオ』運動を作りました。

提供させていただいている占いは『身体が喜ぶアイウエオ』の応用です。

『体が喜ぶアイウエオ』

◎ア =アウト:出し切る
息(長吐き)・便(太く長い便)・尿・汗を出し切ればパワーが入る

◎イ =イン:入れるのは小食で・・・原八分目は医者いらず

◎ウ =動く:腸には体の緊張を緩める動きを

◎エ =笑顔:心からの笑いは最高の薬、まず笑うことです

◎オ =お疲れ様:一日の終わりは自分にご褒美


【占いの質問項目についての評価の仕方】
質問項目①~⑤は体の事です。

①排便頻度は? ②便の内容は? ③食欲は?
 毎日は良い状態(プラス)
 一日おきはまあまあの状態
 数日おきは悪い状態(マイナス)
 硬すぎ、柔らかすぎ、硬い便と軟便が交互などは悪い(マイナス)
 食欲はいつもあるは良い腸(プラス)
 食にあまり興味が無く食欲はその時々=まあまあの状態
 食欲が無いは悪い腸(マイナス)

★素材の見えるバランスの良い食事は良い腸に繋がり
★加工食品、食品添加物、薬は悪い腸に繋がる


④⑤体の体質=
 体が柔らかは良い腸繋がり(プラス)
 体が硬いと無理が生じて悪い腸に繋がる(マイナス)

腸にはユッタリとしたストレッチや歩くことなど体の緊張を緩め 運動も効果的です。
腸にはユッタリとしたストレッチや歩くことなど体の緊張を緩め 運動も効果的です。

夜寝る前に全身を布団の上で、少し力を入れて伸ばし、
脱力するを3~4回繰り返すと、私の場合は眠りにも気持ちよく入れる気が します。

また、何も特別な事をしなくても、家の中や外出の折に短時間、 手軽に出来ることも多いです。

生活の中で可能なことを見つけて、続けられそうなことをひとつでも ふたつでも工夫してください。

さあ、ここからは心の事です。
⑥⑦は感情
 ストレスを持たない、我慢せず(プラス)
 我ままでも自分を優先は腸には良いのです(プラス)

♪♪セロトニン(幸せホルモン)♪♪
脳内物質で有名なセロトニンも、
実は90%が腸で作られているもの。

ストレスを感じることで脳から腸へ信号が伝達され、
腸の運動が異常になることがあり、
それにより腹痛や下痢を引き起こします。


以上で、質問項目とこの回答事例を比較すると 自分の腸の状態が判ります。

どうぞ貴方も良い腸で健康、幸せをお呼び下さい。

項目の№①~⑦だけでも自分で診断できますが 当方からの診断(無料)を希望する方は、 №①~⑦とそれに続く全項目、特に最後のコメント欄に 今困っている事や聞きたい事を記入して申し込んで ください。
貴方の腸点数を出し、折り返し回答します。
2017年吉日
NPOおじいさんの知恵袋の会  渡辺鉄夫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・